読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

アセンブラ命令 - GEN_UNARY_RMWcc()

概要

任意のアセンブラ命令を実行し、実行結果を返す

詳細

このマクロでは以下の引数を受け取る

__GEN_RMWcc()に以下の引数を渡して実行する

したがって、実行される命令の対象はarg0で示される0番目のオペランドとなる