読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

エラー出力 - __bad_percpu_size()

概要

実行時エラーを検出するためのシンボル

詳細

extern宣言されているが、実態がソースコードのどこにも定義されていないシンボル

extern宣言されているためプリプロセッサでは正常に処理することができるが、実行時にこの処理を実行しようとするとエラーとなるためデバッグやエラー検出の用途で使用されていると思われる。。。