読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

CPU操作 - __pcpu_size_call_return()

概要

指定された命令を値のサイズに応じて実行し、実行結果を取得する

詳細

以下の引数を受け取る

  • 実行する関数の種類を示す : stem
  • 対象の値を示す : variable

値のサイズに応じて以下のように実行内容が変わる

  • 1, 2, 4, 8biteの場合
    • stem が"func_"でサイズが1の場合は以下のコードを実行し、結果を取得する
func_1()
  • それ以外の場合
    • __bad_size_call_parameter()を実行する

__bad_size_call_parameter()は定義されている箇所が不明な謎の関数です。。。