linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

自己修正コード - b_replacement()

概要

動的に挿入する命令の開始アドレスを指すラベル名を生成する

詳細

命令の開始アドレスを指すラベル名を文字列"664"に引数の数値を文字列として連結して生成する

尚、終了アドレスを示すラベルを生成するためにe_replacement()を使用する