読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

CPU操作 - cpumask_check()

概要

CPU番号がCPU数の範囲内であることを確認し、指定したCPU番号を返す

詳細

CONFIG_DEBUG_PER_CPU_MAPSが無効な場合は特に何も処理を行わないが、有効な場合はWARN_ON_ONCE()で引数で受け取ったCPU番号とnr_cpumask_bitsの値を比較し、CPU番号がCPU数の範囲内であることと確認する。