読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

時間管理 - gtod_read_retry()

概要

引数の値が、指定した値と一致するか確認する

詳細

vsyscall_gtod_data型のポインタsと、unsigned int型の値startを引数として受け取る

sの内容が他のスレッドで更新されていた場合に、その内容をメモリに反映するためににsmp_rmb()を実行し、その後にs->seqstartの値を比較する

返り値は一致しない場合に1となり、そうでなければ0となる