読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

フラグ操作 - native_save_fl()

概要

フラグレジスタの値を取得する

詳細

pushf命令で現在のフラグレジスタの値をスタックに保存し、pop命令で保存したフラグを取得する

pop命令のデータの転送先は拡張インラインアセンブラ命令の出力オペランドに割り当てられた変数になり、この変数の値を返す