読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

フラグ操作 - raw_irqs_disabled_flags()

概要

引数で受け取った値の割込みフラグが立っているか確認する

詳細

typecheck()で引数の値がunsigned long型であることを確認し、arch_irqs_disabled_flags()で割込みの状態を確認し、この値を返り値とする