linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

割込み処理 - raw_local_irq_save()

概要

フラグレジスタの値を引数の変数に保存する

詳細

typecheck()により引数の値の型がunsigned longであることを確認し、 arch_local_irq_save()を実行することでフラグレジスタの値を取得し、割込みを無効化する

取得した値を引数の変数に代入することでフラグレジスタの値を保存する