linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

バッファ操作 - ring_buffer_normalize_time_stamp()

概要

与えられたタイムスタンプを元に戻す

詳細

タイムスタンプの値をDEBUG_SHIFT分右にシフトする

これはrb_time_stamp()でタイムスタンプを取得時に左にシフトした値を元に戻す操作となる

また、この関数はEXPORT_SYMBOL_GPL() によりモジュールからアクセス可能なシンボルとなる