linuxのメモ

Linux kernelの実装を解説していきます (対象ver 4.5)

トレース - tracing_is_enabled()

概要

traceが有効か確認する

詳細

smp_rmb()を実行し、すべてのCPUでメモリを同期しglobal_trace変数のbuffer_disabledメンバが有効な値の場合に0を、それ以外の場合に1を返す

global_trace変数のbuffer_disabledメンバはtracing_off()で無効にされる